本文へ移動

新着情報

台風19号被災地へ手話通訳者等の派遣を行いました

 
10月21日~11月11日の期間、台風19号による被害を受けられた宮城県、長野県へ
手話通訳者、聴覚障がい者相談員等を派遣しました。
 
これは、10月15日に開催された「手話を広める知事の会総会」において、
緊急提案が決議されたことを受け、鳥取県と当協会が取り組んだものです。
 
今回の派遣での経験や学びを、今後の活動に生かしていきたいと思います。
 
被災後の混乱の中、私たちの活動にご理解くださいました
宮城県、長野県へ改めて御礼申し上げます。
 
 
長野県聴覚障害者災害支援対策本部のホームページへも活動の様子を掲載いただきました。

とりっこ冬のつどい

とりっこ 冬のつどい
きこえない・きこえにくい子どもたちや保護者が集い、同世代の仲間と活動をしたり、同じ立場の人と情報共有をする機会です!
絵本の読み聞かせもあるよ!
★参加費無料!当日参加も可能です。
◆日時:2019年12月7日(土)
                     10:00~15:00(予定)
       受付 9:30~
◆会場:とりぎん文化会館 第5・第6会議室他
◆内容:講演 講師:南村 洋子 氏
     全国早期支援研究協議会 会長
 演題:「親と子のコミュニケーション」
★詳細は、行事案内をご覧ください!★
 
 

米子コンベンションセンターに全国高校生手話パフォーマンス甲子園自動販売機が設置されました!

2018年8月21日(火)
米子コンベンションセンターに
手話パフォーマンス甲子園自動販売機が設置されました!
鳥取県平井知事をはじめ、関係者の皆さんとテープカットの瞬間☆
お披露目です!!
初購入☆
大役を担われたのは、手話パフォーマンス甲子園応援サポーターの橘木さんです
初購入は、綾鷹(・ω・)ノ
インタビューを受ける下垣理事長☆
鳥取県西部聴覚障がい者センター前や、鳥取市文化センター内にも設置されています!
皆さん、米子コンベンションセンターへお立ち寄りの際は、
ぜひこの黄色い自動販売機でご購入いただき、
全国手話パフォーマンス甲子園の応援をよろしくお願いします♪

手話バッジの配布を開始しています!

 『手話バッジ』配布中!
★目的
話ができるかどうか外見ではわからないため、手話ができることを示す手話バッジをつけることで、ろう者から話しかけやすい、コミュニケーションをとりやすくする環境を整備することを目的に鳥取県が作成しました   
★配布対象者(鳥取県内にお住いの方) 
 ①1年半以上手話を学んでいる者
 ②手話検定試験3級以上程度の者
  (手話通訳士・手話通訳者・手話奉仕員など)
★配布窓口
①公益社団法人鳥取県聴覚障害者協会
(東部・中部・西部の各聴覚障がい者センター)
②全国手話通訳問題研究会鳥取支部
③鳥取県手話サークル連絡協議会
④鳥取県立鳥取聾学校(本校・ひまわり分校)
公益社団法人
鳥取県聴覚障害者協会
法人事務局
〒683-0845
鳥取県米子市旗ヶ崎6丁目19-48
TEL.0859-30-3720
FAX.0859-30-3131

聴覚障害者就労継続支援センターふくろう
〒683-0844
鳥取県米子市義方町11-39
TEL.0859-30-4756
FAX.0859-30-4759

鳥取県東部聴覚障がい者センター
〒680-0841
鳥取県鳥取市吉方温泉3-701
鳥取市文化センター内
TEL.0857-32-6070
FAX.0857-32-6071

鳥取県中部聴覚障がい者センター
〒682-0822
鳥取県倉吉市葵町724-15
TEL.0858-27-2355
FAX.0858-27-2360

鳥取県西部聴覚障がい者センター
〒683-0845
鳥取県米子市旗ヶ崎6丁目19-48
堀田ビル1階
TEL.0859-30-3659
FAX.0859-30-3660

 
1
9
4
5
0
3
TOPへ戻る